腸脛靭帯炎

以前膝の内側の下が痛くなる鵞足炎を紹介しましたが
膝の外側の上が痛くなる場合、腸脛靭帯炎が疑われます。
骨盤から膝をまたいで下腿に繋がる非常に長い靭帯で
膝の屈伸を繰り返す長距離走や過度のストレスがかかる
ウエイトリフティングなどの競技に多く見られます。
予防には腸脛靭帯の下のみでなく、大殿筋や大腿筋膜張筋
を含めた下肢外側筋群のストレッチも行います。
大腿骨外側の骨と腸脛靭帯が擦れて炎症を起こしてる
状態なので、初期は安静や運動後のアイシング処置が有効です。