急性炎症に対するRICE

RICE(ライス)処置
R rest(安静)損傷部だけでなく全身の安静が必要

I ice(冷却)患部の冷却1時間ごとに15~20分 冷やしすぎに注意

C compression(圧迫)末梢は強く中枢は緩く包帯を巻く 圧迫による
            循環障害がないか定期的に確認

E elevation(挙上) 心臓より高く上げ腫脹や浮腫を軽減

急なケガの時ライス覚えといてください。
経過が良くなります。

Prev:2月26日(水)午後休診
腸脛靭帯炎:Next