交通事故によるカラダへの影響は様々です。 交通事故によるむち打ち症や外傷により①骨、②神経(運動神経、感覚神経、自律神経)、③筋肉、④靭帯などに影響を及ぼし、痛みや痺れ、だるさなどの後遺症が残ります。

交通事故によるカラダへの影響は様々です.

 

交通事故によるむち打ち症や外傷により①骨、②神経(運動神経、感覚神経、自律神経)、③筋肉、④靭帯などに影響を及ぼし、痛みや痺れ、だるさなどの後遺症が残ることがあります。

交通事故(むち打ち)症状は人それぞれです。病院で行うレントゲン検査にて異常が認められなかったが症状が残っている場合が多いです。
レントゲン検査は主に骨の異常を確認するからです。

  • 頚が痛くて動かせない、寝違いのような症状がある。
  • 頭痛、めまい、吐き気に悩まされている。
  • 全身がだるくなる。
  • 腰が重くて痛い、違和感がある。
  • 腕や手、足が痺れる。
  • 後遺症が残っていくのではないかと不安が残る。
  • 事故直後はそうでもなかったが、日々症状が出現してきて、身体の調子がおかしくなった。

と、辛い症状を抱えているケースが見受けられます。また、周囲の人に理解してもらえないことも多く、精神的にストレスを抱えます。

一度当院まで相談してください。

横浜のきくな元気整骨院も事故リハビリが知識豊富です。
https://kikunagenki.com

Prev:ストレッチボード
労災保険:Next