シンスプリント

走ったりジャンプしたりする競技、陸上競技、サッカー、バスケ、バレー
等に多いけがにシンスプリント(疲労性骨膜炎)があります。
典型的なオーバートレーニングによるもので深部の下腿の筋肉はそれぞれ
骨膜を介して脛骨とつながっていて繰り返しのトレーニングで骨膜が
引っ張られ炎症を起こした状態です。脛の下半分から3分の1の内側に多く
外側が痛む人もいます。
少し痛む程度では休むと痛みは取れますが、原因を調べて筋力強化や
ストレッチ、偏平足の改善が必要になります。
特に中高生は無理をしやすいので脛に痛みが出たら早めに受診してください。