むち打ち損傷

追突事故などにより、首の関節頚椎が過度に伸展、次いで屈曲されて生じる。
損傷が頚部軟部組織にとどまり、骨、椎間板、靭帯損傷を伴わない捻挫です。
受傷当初の安静固定、その後のリハビリを怠ると頑固な首肩腕痛が残ったり
めまい、耳鳴り、吐き気など他覚所見の乏しい愁訴が持続することがあるので
事故後の検査で骨関節に異常が無くても一定期間の受診をお勧めします。
当院はむち打ち症、事故患者さんの治療経験が豊富です。
自賠責で原則自己負担はありませんので、お気軽にご相談ください。

Prev:チョコつかみ取り
2月26日(水)午後休診:Next